薄い髭でおしゃれな感じを演出するために覚えておきたい方法

髭とサラリーマン

 

人によって、髭の生え方は様々です。全体的に生えてくる人もいれば、部分的にしか生えてこない人もいます。濃さの違いもあるので、こんなスタイルにしたいと思っていても、そうすることができない人もたくさんいます。髭を生やしたいと思っていても薄いことで悩んでいる人がいますが、そういうときも工夫次第でおしゃれな感じを演出できます。そもそも日本人の顔つきの場合、短めのスタイルが似合いやすいのです。濃い顔立ちの人なら長くても似合いますが、典型的な日本人タイプの顔だったとしたら、自分に合ったスタイルを選ぶようにしましょう。

 

まず気をつけたいのは、髭を生やす場合はしっかりとした形を作れる部位にすることです。例えば鼻下を伸ばそうとしても、全然生えずにまばらな印象を受ける人もいます。その場合、無理に伸ばそうとせずにあきらめましょう。剃ることはできても増やすことはできないのですから、中途半端な状態にこだわらず、ほかの部分でおしゃれさを演出する方向に切り替える方法が良いです。

 

ここまで極端に薄くない場合は、うっすらと生えつつも、ラインはしっかりとわかるようにすると良いです。口元を覆いつつ、左右は剃ってある扇形のスタイルができれば、とても印象が良くなります。重要なのは、しっかりとしたラインを作ることです。これは濃い場合も薄い場合も同じことが言えます。髭のラインを整えているのかどうかで、清潔感は大きく変わります。薄い場合、ちょっとでも伸びてくるとバランスが悪くなってくるので、日々の手入れにも十分に気をつけてください。手間をかけすぎるのは大変だと感じたら、残したいライン以外でレーザー脱毛などを利用するのも効果的です。

 

自分に合ったスタイルを維持するために脱毛を使っている人はたくさんいます。長さのチェックは必要ですが、少なくとも毎回ラインを調節する剃り方を意識しなくても良くなります。微調整が必要な髭は大変そうに見えますが、工夫次第ではその手間を減らすことができるので覚えておきましょう。